年の差カップルの恋愛を成就させる方法

年の差カップルのほとんどが女性の年齢が若く男性の方が年上というケースが多いです。逆パターンもありますが、全体的にみると少ないでしょう。数は少ないのですが、年が離れた人を好きになるのは一般的に考えてもおかしい現象ではありません。
そもそも女性の方が早熟なわけで年上を好むというのは至って普通です。男性の方が精神年齢が低いからでしょう。

昔から若い女性と結婚するというのはよくある話です。近代では同年代の男女が同じところで勉学をともにするため同年代と付き合わなければならないという風潮がありますが、元々は年の差があるのは当然のことです。年齢差があるとしても問題はないでしょう。ただ、年齢差があると生じるのはジェネレーションギャップというものです。

昔と違い情報の流れは早くなっております。一昔前のものは過去のものです。思春期の時に流行っていたもの、また触れてきたものはやはり年代により違いが生じるものです。このようにギャップがあるからうまくいかないというケースもあるでしょう。

会話が成り立たない、興味をひくものにも違いがある。
相手に合わせるのにも限界があるという状態です。

このギャップに関しては簡単に埋めることはできないでしょう。ではこの場合どのようにして対処していくかという部分ですが、そもそもギャップを埋めることができないのであれば、それを受け入れるという形が一番良いでしょう。
溝を無理に埋めるのではなく、そういうものがあるという認識でいれば、お互い関係を保ちやすくなります。無理に埋めようとすればお互いがストレスを感じてしまうでしょう。そうではなくギャップがあるものとして考えておけば、譲歩し、また助け合いをするようになるでしょう。
確かに共通の話題があった方が話は弾みます。これは共通の趣味を持っているカップルの場合、趣味が同じなので話が弾むでしょう。しかし趣味も同じということは一緒にいる時間も多くなります。一見すると時間が多くなるというのは良い傾向のように感じますが、所詮はおたがい赤の他人です。生まれ育った環境も境遇も違います。親族ですら一緒にいる時間が長ければ煩わしいと思うのに、それが赤の他人となればストレスを感じることもあるでしょう。気の合う関係だとしてもお互いプライベートな時間や空間は必要です。そのため無理に合わせるよりも「違うから良い」という考えにしていくのも重要です。ギャップがあるということはお互い知らないことや経験していないことがあるわけです。ジェネレーションギャップというものをマイナスで考えずプラスで考えることでそれも共通の話題となるのではないでしょうか。

年齢差のある方、とくに女性は相手に合わせようとする傾向があります。
そのように努力をするのは大切であり、恐らくその時は苦では無いと思いますが、いつかは限界となり破たんしてしまうでしょう。
そうではなくしっかりと相手と話し合い、その問題をしっかりと見るべきでしょう。

恋愛を成功させる秘訣は話し合いをして思考を共有することです。
テレパシーという技術がないため、思っていることは相手に伝える。
それが一番うまくいく恋愛の方法です。

タイトルとURLをコピーしました