相手はガールズバーの店員。今より仲良くなることはできるか?

男性の中には夜の飲み屋、キャバクラやガールズバーに通う人がいます。お世辞でも褒めてくれるので気持ちがよいです。お金はかかりますがどこの地方でもお店はあります。この手の店を好きな人は多いのでしょう。水商売で働いている人を好きになってしまった、というのもよく聞く話です。仕事で付き合っているというのはわかっていても好きになればそういうのは関係なくなります。相手の気持ちをこちらに向けるためお店に通ったり本使命をしたり同伴をすることも。
実際にこのように通い詰めることで関係を深め普通の恋人関係になるケースというのもあります。しかしそれはほんの一握りの人です。たまたま相手がそれでなびく人だっただけの話です。実際のところはそんな簡単に付き合えるわけではありません。相手はあくまでも仕事で付き合っているだけです。お金のため。それが無ければ付き合わないのは当然の流れです。そのような中で通い続けても金払いの良い上客としか思われないでしょう。支払える金額には限度があり、いつかは破たんしてしまいます。

夜の仕事をしている人を通い詰めて落すという方法は効率が悪くあまり良いやり方ではありません。

理想は相手と別の場所で知り合う形です。しかしすでにお互い店で面識があります。通い詰めているのであれば客と従業員の関係が出来上がっており、別の場所で出会ってとしてもその関係は崩れません。

このような状態でまずやるべきことは通う頻度を減らすことです。会いたい気持ちはわかりますがこのまま通っていても状況はかわりません。ずっと通い続けられるのであればよいのですが金銭的な問題も出てくるでしょう。お金に余裕がなくなり通えなくなってしまうのが一番の問題です。それよりも頻度を減らし継続できる状況を作る方がよいです。

ただ頻度を減らせば疎遠となります。関係を深めるためには距離感を縮めなければなりません。この距離感を縮めるために相手の気をひく作業が必要です。理想は相手が興味を持つもの、興味を持つことが提案できる形でしょう。

何が好きか?と聞いていませんか?それではダメなのです。相手に聞かずに相手を知らなければなりません。相手がどんな人間なのか、年齢や出身地、経歴、住んでいるところや身に着けているものなどから推測し、理想的なアプローチ法を探していくのです。この相手に聞かずに言い当てるのは関係を深めるうえで重要なポイントとなります。つまり必要なのは洞察力です。

お店に行って酒飲んでワイワイして帰る。気分の良い時間でしょう。でもそれでは相手を射止めることはできません。相手を知るためにはしっかりと相手を見て対策をしていくことです。このように行うことで距離も縮められるでしょう。

それが見えない、やり方がわからないという方は一度ご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました