恋愛カウンセラーによる復縁アドバイス

Menu

年度明けに離れ離れになってしまうという方へ

4月は新社会人が入社する、学生も新入生が来ることになります。
そのため新たな出会いというのは多くなる時期でしょう。
しかしそれとは逆に卒業や離職、また人事異動などで離ればなれになってしまう方というのは多くいらっしゃいます。
今回は社会人に焦点を当ててお話ししたいと思います。

人事異動で遠距離

全国に支店があるような会社の場合、この時期に人事異動が多くあります。
恐らく年末にはそのあたりの話が出ていたことでしょう。
会社の方針ではなくても、その人がスキルを向上させるために異動する、または離職して別の会社に働き出すという方もいらっしゃると思います。

プライベートと仕事は別として考えたいところではありますが、職場が変わるということは生活する場というのも変わります。
場合によっては遠方に引っ越さなければならないという方もいらっしゃるでしょう。

このように仕事と分けて考えるというのは難しい問題です。
人によっては彼氏彼女と離ればなれとなってしまう方もいるのではないでしょうか。

遠距離恋愛という選択肢も一つですが、いままでずっと一緒だったのに突然離れて生活をするというのは辛い状態が続きます。
結果的に相手に依存し、遠距離になる前から関係を壊してしまう方もいるでしょう。
離れたくないという気持ちはわかりますが、これはもう決まっていることです。それが変えられるのであれば相手も変えたいでしょう。
できないことを懇願すれば相手も辛いでしょう。
できない以上はそれを受け入れ、その中で方法を考えていくしかありません。

取れる選択は以下のものとなります。

■遠距離恋愛という形で関係を続ける。
■相手の住む場所に引っ越す。
■結婚をする。

一番簡単に選択できるのは遠距離恋愛という形でしょう。
ただ簡単に選択ができるからこそ、その中身は非常につらいものとなります。
その距離にもよりますが、例えばそれが海外であれば簡単に会いに行くことは難しいでしょう。
物理的距離が離れてしまうと心理的距離というのも遠くなってしまいます。

恋愛において距離というのは極めて重要な要素です。

遠距離で関係を深めるというのはそれなりの根回しと対応が必要となります。
時には我慢をする場面も出てくるでしょう。
相手の場所に引っ越すという形は今まで通りの関係が続けられるため適してはいますが、現実問題職場を変えなければならない、住まいを確保しなければならないという問題が発生します。

金銭面でも初期投資の負担が大きいです。
この形は理想ですが現実的に叶えられるかという問題があります。
ただ選択ができるのであればこれを選ぶべきでしょう。

この中で一番確実な方法は結婚をするという形です。
籍を入れれば全て解決するわけです。しかし、二つ返事で結婚をするということは考えづらいでしょう。
とくに「遠距離になるのが嫌」という理由だけで結婚を迫られていると知ってしまえば拒否反応が出る恐れがあります。
結婚の話をするにしてもある程度下準備が必要となります。
当事務所ではその「下準備」のお手伝いをしております。
今からでも遅くありませんのでもしこのような状況になっているようであれば一度お問い合わせください。

★相談窓口はこちら★

Psychology Posts

no image
恋愛におけるにおいの重要性
ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア
吊り橋効果による一般的な心理作用
単純接触の原理を使った恋愛トリック
心理的距離と物理的距離の関係

Advice Posts

離婚しない夫婦、なぜ別れないかを考える
出会いがSNSやアプリゲームの場合の復縁について
復縁するためにまず別れさせる必要がある方
頻繁に送ってはダメ!復縁をするためのLINEの使い方
no image
「私のこと好き?」という質問は不自然且つ不適切

Copyright © 2004-2018 alival All Rights Reserved.