恋愛カウンセラーによる復縁アドバイス

Menu

あまり会えていない彼氏について

会えない環境というのは様々あります。一番わかりやすいのは遠距離恋愛でしょう。

物理的距離が離れると心理的距離も遠ざかってしまいます。そのため関係を悪くしてしまいがちです。
これの詳しい概要に関しては「遠距離恋愛に関するアドバイス」をご確認していただけたらと思います。

今回は物理的距離に関係なく会えない場合のお話をいたします。
とくに学生時代からお付き合いをしている人がこのような心理状態に発展してしまうと思います。

学生時代は比較的時間も自由です。
そのため会いたいときに会うという形がとれていたのかと思いますが、社会人になるとそのような形はできません。
やはり仕事を優先してしまうため、時間の融通がきかなくなってしまうのです。

とくに男性が仕事を優先することは良くある話です。
お互いが別の会社に働いていれば、このような事態になるのは当たり前です。
しかし学生時代のときとのギャップからなかなか受け入れることが難しいのでしょう。

会えないという不満を相手にぶつけてしまいがちとなります。
しかし相手からしてみれば「仕方ないこと」のため、その文句に何か言えるわけもなく、また対処もできません。
結果的に答えの出ない状態になってしまいます。

責任感が強い男性がこのようなトラブルを作り出す素質があります。
与えられた仕事を熟さなければならない。このような気持からプライベートを疎かにしがちです。
よく言えば「責任感が強い」ですが、単純に不器用なのでしょう。

彼女に対しても適度に接点を持ち、そのなかでしっかりと仕事をするのが一番なのですが、
二つの作業を同時に行うことができず、仕事をしなければならないという気持ちが強くなり、それ以外が見えていないのだと思います。

一番の解決策は相手の性格を変える形ですが、そう簡単に性格が変わるわけがありません。
つまり相手を変えるというのは長期的に少しずつ変えていく状態にしておき、今の状況をどのようにして乗り越えるかというのを考えなければなりません。

今を乗り越えるのに一番良い方法は「我慢」です。

耐え続けるのが一番効率的です。少なくとも以前とは状況が違うというのは心してください。
状況が変われば相手の行動も変わります。そのため今を受け入れる気持ちが必要なのです。
しかし、それができるのであればここまで悩まないでしょう。
恐らく会える状況を作りたいというのが今のお気持ちだと思います。
それなのであれば、会える環境を整えるべきです。

お伝えした通り以前のようにその時の気分で会うという形は取れないわけです。
つまり会い方も今の状況に合わせて行うしかありません。相手から了承を得て会う形を取るしかないでしょう。
しかし、会う約束を取り付けようとしても仕事が忙しいからという理由で門前払いをされてしまう方もいらっしゃるでしょう。
それなのであれば「誤前提呈示」という手法を用いて承諾を得ることをお勧めします。

★相談窓口はこちら★

Psychology Posts

no image
恋愛におけるにおいの重要性
ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア
吊り橋効果による一般的な心理作用
単純接触の原理を使った恋愛トリック
心理的距離と物理的距離の関係

Advice Posts

離婚しない夫婦、なぜ別れないかを考える
出会いがSNSやアプリゲームの場合の復縁について
復縁するためにまず別れさせる必要がある方
頻繁に送ってはダメ!復縁をするためのLINEの使い方
no image
「私のこと好き?」という質問は不自然且つ不適切

Copyright © 2004-2018 alival All Rights Reserved.