恋愛カウンセラーによる復縁アドバイス

Menu

高年齢の場合の恋愛成就

40代、50代さらにはそれ以上の方からの相談というのは定期的にあります。

熟年

ご相談をされる方はよくこのように話します。

「年齢がある程度上なのですが、そのような場合でも対応してくれますか?理解してくれますか?」

このように聞いてくることがあります。ある程度の年齢になってしまうと過去の経験が邪魔をすることがあります。
それを「アンカリング効果」と呼びます。固定観念が邪魔をしてしまうのです。
それでは年齢がある程度上の方の場合の恋愛はどうすればよいかと申しますと、若い世代と大差はありません。

もちろん経済的な部分や守るべきものの多さ、過去の経験量、また固定観念の部分は留意しなければなりませんが、結局は男女の恋愛です。
若い人だから私たちのことがわからないのではないか?というような固定観念は捨てるべきでしょう。

まず若い、老けているという物事を二極で考えていることがおかしいのです。
全体を見ていないというのがわかり、つまりは相手のこともその程度でしか見れていないのです。
相手を理解できていない状態であれば例え方法を考えたとしてもよい回答は返ってこないでしょう。
このような場合まず行うべきことは自己啓発です。

判断力や洞察力を上げることで今後あなたが何をしなければならないのかという部分も見えてくるでしょう。

さて、若い世代とはとくに違いというものはありませんが、お伝えした通り過去の経験が足枷となっている方が多くいらっしゃいます。
それは依頼者の方もターゲットとなる方も同じです。
例えば離婚を経験していた場合、恋愛に対して前向きに考えることができないでしょう。
防衛反応が働き、どうしてもネガティブな捉え方しかできなくなってしまいます。
そのため積極的に恋愛を楽しむことができず、思っていることが発言できない方もいらっしゃいます。
また年齢のことを考えて、年相応の対応をしようとする人もいます。
このように本来の欲求を抑え人間関係を構築しようとすると歪みが生じやすくなるのです。

これが依頼者側であれば自分自身が努力をして改善をしていけばよいのですが、ターゲットの場合それをするように仕向けることは当事者では不可能です。
そうなると、第三者が何かしらの作業をしていかなければなりません。

お伝えした通り固定観念に縛られているため説得をしたところで考えを変えることは不可能でしょう。
そのため説得というような形は行いません。

やるべき作業は「相手に考えさせること」です。

自発的にその結論を出した形であれば、その後もそれを選択するでしょう。
そのため相手がそのように考えるよう心理誘導をしていくのが主なやり方です。
これらの作業を円滑に進めるためにはある程度相手の心理状態を把握し、またそれを操作できる能力のある人しか対応はできないでしょう。

工作を請け負う業者は複数ございますが、中にはアルバイトや技術の無い登録制工作員を使っているところもあるようです。
そのような業者には注意が必要です。
当事務所ではいわゆるアラフォーやそれ以上の年齢の方のサポート業務も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

★相談窓口はこちら★

Psychology Posts

no image
恋愛におけるにおいの重要性
ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア
吊り橋効果による一般的な心理作用
単純接触の原理を使った恋愛トリック
心理的距離と物理的距離の関係

Advice Posts

離婚しない夫婦、なぜ別れないかを考える
出会いがSNSやアプリゲームの場合の復縁について
復縁するためにまず別れさせる必要がある方
頻繁に送ってはダメ!復縁をするためのLINEの使い方
no image
「私のこと好き?」という質問は不自然且つ不適切

Copyright © 2004-2018 alival All Rights Reserved.