恋愛カウンセラーによる復縁アドバイス

Menu

離婚話が出ている状態からの夫婦改善方法

まず離婚話が出るような状態はかなり危険だと思ってください。

相手はもう夫婦関係を解消しようとしているのです。
本来であればそうなる前に対処すべきことなのですが、恐らくあなた自身それに気づいていなかったのでしょう。
夫婦は一生ではないのです。

このような状態で離婚となるカップルはかなりの数いらっしゃいます。
一度離婚を考えてしまうとそちらの方に進んでしまうでしょう。
こうなると当事者同士で話し合ったとしても火に油を注ぐだけです。

一方は離婚したい、もう一方はしたくない。真逆の考えのため平行線を保つだけです。
このような状態の場合、業者に依頼をして工作を行うのが一番なのですが、なんとか自分で改善できるかどうかを試していきましょう。

夫婦関係

まず今の状態で話し合いをしてもよい結果は生まれません。
お互いが違う方向を見ているため言い争いをするだけで関係を余計悪くしてしまうでしょう。
一度冷静になる時間が必要です。あくまでも夫婦改善をするという目的で別居をするのもよいと思います。
お互い考える時間は設けるべきでしょう。そこであなたがしなければならないことは「離婚原因の究明」です。

相手の話していることを真に受けてはいけません。
基本的に離婚をしたいと考える人は自分を正当化し、相手を悪としてみます。
過去の話などを取り出し、それをあたかも別れの原因としてくるでしょう。「あのときの対応が嫌だった」「以前から気にしていた」というような形です。
もちろん、それも嫌な理由であり積もり積もって今の状態とも考えられますが、ほかにも理由があるでしょう。
ただどのような理由であれあなた自身が悪いということは考えておいてください。
そもそもちゃんと対応をしていれば離婚話には発展しないでしょう。
このような話が出ているということは何かしらあなたに問題がある、または異性として魅力がなくなっている証拠です。

夫婦は家族ですが、それ以前に男女の関係です。家族という形も大切ですが、男女という形も大切にしなければなりません。
異性として見ることも重要なのです。さて、仮に一度別居をしたとしましょう。恐らくこれだけでは何にも解決はしません。
距離を取ったままではよい結果は生まれないでしょう。距離を取るとしても一時的なものです。
できれば別居はするが週末だけ一緒に過ごすというような形を取るべきです。
このようにして生活に強弱をつける形が関係を保つためのポイントとなります。

相手側は離婚をしたいという気持ちです。別居の提案は願ったり叶ったりでしょう。
そのため定期的に会うという条件も飲んでくれやすいと思います。
定期的に会う中で忘れていた価値観も見えてくるのではないでしょうか。
このような場合の冷却期間は関係性に強弱をつけるのが一番なのです。

★相談窓口はこちら★

Psychology Posts

no image
恋愛におけるにおいの重要性
ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア
吊り橋効果による一般的な心理作用
単純接触の原理を使った恋愛トリック
心理的距離と物理的距離の関係

Advice Posts

離婚しない夫婦、なぜ別れないかを考える
出会いがSNSやアプリゲームの場合の復縁について
復縁するためにまず別れさせる必要がある方
頻繁に送ってはダメ!復縁をするためのLINEの使い方
no image
「私のこと好き?」という質問は不自然且つ不適切

Copyright © 2004-2018 alival All Rights Reserved.