恋愛カウンセラーによる復縁アドバイス

Menu

どこからがストーカーとなるのか

待ち伏せ、付きまとい。この言葉を聞くとストーカーという印象を持ってしまいます。
でもちょっと待っていただけでストーカーとなってしまうのであれば国民全員がストーカーになってしまうのではないでしょうか。

ストーカーの定義というのは非常に曖昧なものとなっております。
法律上のそれは「恋愛感情のある相手に対し、自身の感情を満たす目的で待ち伏せや付きまといをする行為」という形になっております。
基本的に異性に好意を持ち付き合いたいという感情があればメールをしたり話しかけたりするわけですが、それらすべてをストーカーとしてしまうと恋愛自体ができなくなってしまいます。
そのためこの程度でストーカーになることはないでしょう。

単純にストーカーかどうかというのはされた側の気分次第ということです。

改正ストーカー規制法ではメールの送信も対象となりましたが、50通一方的に送っても相手がそれに対し何ら不安にもならなければストーカーにはならず、5通程度でも相手が不安を感じればそれの対象となるわけです。
もちろん一般常識として考える側面もあるでしょう。
5通程度で罪になるなんてたまったもんじゃないとなってしまいますので、恐らくこの段階では注意程度となります。
それでも注意を受ける可能性があるのです。

最近この手の事件が増えており、その内容も殺人や傷害といった生命にかかわるものがあるため、警察も野放しにできないのでしょう。
少しでも疑わしいのであれば警告するということなのだと思います。ただ一度でも警告をされた場合、その後何かをすれば規制法に該当してしまうのです。

当事務所では復縁のサポート業務を行っておりますが、すでに警察から警告をされているような案件につきましては場合によってはストーカー幇助となる可能性がありますのでお手伝いができません。
一方的に別れを告げられて納得ができないと思う方もいらっしゃいますが、法律がある以上それは守らなければなりません。守りつつ別の方法を考えていくしかありません。
別れた際は感情的に行動をするのではなく、一度冷静となり理性を取り戻してからどうすべきか考える方がよいでしょう。

どうしても復縁したいという気持ちであれば一度ご連絡ください。

★相談窓口はこちら★

Psychology Posts

no image
恋愛におけるにおいの重要性
ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア
吊り橋効果による一般的な心理作用
単純接触の原理を使った恋愛トリック
心理的距離と物理的距離の関係

Advice Posts

離婚しない夫婦、なぜ別れないかを考える
出会いがSNSやアプリゲームの場合の復縁について
復縁するためにまず別れさせる必要がある方
頻繁に送ってはダメ!復縁をするためのLINEの使い方
no image
「私のこと好き?」という質問は不自然且つ不適切

Copyright © 2004-2018 alival All Rights Reserved.